鮎地蔵のブログ

地元の酒匂川水系で釣りを楽しんでいます (世附源流の天然尺上ヤマメ)                                                            

私のテンカラ釣り

私のテンカラ釣りは雑魚も渓魚もドライフライで行っているが、本来のテンカラ釣りとはちょっと違います。テンカラ釣りは水面直下に毛鉤を流し当たりはラインの張りで取るようです。依って波立ちの有る速い流れでもある程度は毛鉤を打つことができるようです。
ドライフライの場合は白泡の切れ目からでないと毛鉤が見えなので、白泡が消えない落ち込みなどはスルーします。波立ちの少ない浅い瀬はドライフライの格好のポイントですが、この様な場所には大きいヤマメは居ないので大物を掛けるのは苦労します。
またテンカラの仕掛けの長さは一般的に竿尻から1ヒロは取りますが、私の場合は雑魚狙いは1ヒロで渓魚狙いは提灯テンカラでやっています。テンカラの技術が乏しいので源流で1ヒロの仕掛けでやると枝に仕掛けを絡ませたり、ポイントに一発で入れられずに渓魚に察しられて逃げられることが多かったです。依って今は源流では提灯仕掛けのドライフライでやっていますが、水面直下の毛鉤にも挑戦したいですね。

帰宅すると反省ばかり

世附から帰宅するとフッキング出来なかった渓魚が脳裏に浮かぶが、その大半は合わせが早過ぎて鈎に触れさせてしまった魚達です。もうちょっと遅く合わせれば良かったと何時も想うのですが、渓魚が飛び出すと私の身体が反応してしまうんだよね。
岩魚は軽い鈎触れなら再びフライを追って来るが、ヤマメは二度とフライを追って来ないので一貫の終わりです。そんな事が1日の釣行のなかで数回有りますが、特に大型ヤマメを完全にフッキング出来なかった時にはショックが大きくて寝込んでしまいます。寝込んでしまうのは冗談ですが、それほどショックが大きいです。
私の歳になると世附源流のフィールドに立つのも大変なので出来るだけミスの無いように心掛けてはいるが、身体が想うように動かないのでついついジクドウをしてしまう。高い場所から良型ヤマメを掛けた時などは河原に降りてランディングネットで掬えば良いのに降りるのが億劫で強引に吊るし上げようとしてバラスケースも多いですね。頭では解かっていても行動に移すのは難しいですね。

世附の秋季ヤマメを釣る

禁漁まであと僅かなので終盤の世附に出掛けることにしたが、恐らく今日も混み合うと想います。軽く夜食を食べながら三保の流入量を確認すると14(m3/s)と徐々に減ってきていました。
少し早めに家を出て浅瀬に向かうと3:20に着いたが、今日は3番乗りで意外に少なかった。マグネットを貼りに行くと先客の方に色々尋ねられたので、軽く説明をしてやりました。駐車場に戻ると次々と車が入って来て最終的には10名位となりました。今日はラオウのご主人様と同方面だったので一緒に釣り場に向かいました。

1
23
途中で彼と別れて釣り場に向かうと入渓点に着きました。水量を確認するとまだ増水していたが、何とか毛鉤を流せそうなので安心しました。軽く朝食を食べながら暫しの休憩を取りました。
休憩も済んだので釣り場に向かいましたが、今日は#17ブラウンパラシュートでやってみました。ところがピンクのポストが見辛くて毛鉤を見失うのでオレンジポストの#17グルズリージンジャーパラシュートに替えました。釣り上るも全然反応が無いので、若しかしたら今日はボウズかなと想うほど反応が無かったです。
その後も遡行を続けるとやっと良型のヤマメを掛けることが出来たのでホッとしました。すると反応が出始めてポツリポツリと掛けることができました。

4
56
毛鉤を替える余裕が出来たので、次は前回の釣行時に良く釣れた毛鉤でやってみたら全く反応が無くなってしまった。参ったな~
そこで#17ブラックダンに替えてやってみたが、少しは反応するものの中々フッキングに持ち込めません。我慢して打つ続けるとレギュラーサイズのヤマメを掛けることができました。

7
水は澄んでいますが、まだ増水しています。場所に依っては毛鉤を打てなくてスルーするポイントも多々有りましたが、沢に依って増水の度合いが違うものですね。

8
910
次は#17グルズリージンジャーダンで釣り上って行くとレギュラーサイズや良型ヤマメをポツポツと掛けることができたが、それ以上に空振りが多かったです。増水中なので、もっとしっかり喰い付いて欲しいと想ったほど喰いが浅かったです。

11
この沢で何時も昼食を取る場所に着いたので昼飯にしましたが、今日も家内が持たせてくれたお弁当を頂きました。バナナ🍌は何時も後の休憩時に頂いています。食事も済んだので頑張って釣り上がります。

12
1314
昼食後は#17アダムスパラシュートでやってみました。大きな落ち込みに毛鉤を流すと流れが緩んだ所で飛び出して幅広の♂の良型ヤマメを掛けることができました。八寸超えのいいヤマメでした。
その後も遡行して行くとポツポツと反応して掛けられたり空振りだったりとドライフライに依る提灯テンカラを堪能しました。

15
1617
水量が多いので小さい毛鉤は躊躇していましたが、余りにも喰いが浅いので試しに#19グルズリージンジャーパラシュートでやってみる事にしました。ポストが小さいので最初は見辛かったが、目が慣れてきたら見えるようになりました。
やはり反応が良くて良型ヤマメを次々と掛けることができました。もちろん空振りも有りましたが、明らかに小さい毛鉤の方が反応が良かったですね。結局この毛鉤で最後までやりました。

1819
20
帰りの林道は目的の花を探しながら下ってきました。源流域の林道でホトトギスが咲き始めていたが、花持ちの少ないものばかりでした。林道を下って来るとイワシャジンが目に飛び込んできたので何枚も写真を撮りましたが、こちらの林道では珍しいです。
楽しみにしていたツルニンジンですが、新たに見つけた場所も何時もの場所も全て咲き終えていました。楽しみにしていただけにガッカリです。フジアザミの群生ではまだ花を観ることが出来ました。

2122
テンカラ釣りも好成績だったうえにホトトギスやイワシャジンも観られたので、これでツルニンジンの花が観られたら最高だったのにな~なんて想いながら下って来ると何とツルニンジンの花が目に飛び込んできました。
やった~! w(゚o゚)w オオー!
もちろん初めての場所のツルニンジンなので場所も写真に撮ってきましたが、諦めていたツルニンジンの花も観られたので最高でした。
気分も最高に薄暗くなった浅瀬の駐車場には17:30に着きましたが、今日も1番最後となってしまいました。

釣り談義三昧

今日は釣り友のS田さんが大雄橋に来られるので、その前に明日の世附の準備を行いました。時間になったので大雄橋に行くとS田さんはまだ来てなかったので、常連さんが友を引いていたので状況を伺いました。
話ていたらS田さんが来られたので挨拶を交わしてから世間話をしていました。話が長くなるのでチンチン釣りをやって貰いましたが、私もほんの少しテンカラを振ってみました。

1
23
兄貴や知り合いも観に来たので話しながらテンカラを振ると反応が良くて直ぐに3匹のオイカワを掛けることが出来たのでお終いにしました。
その後はずっと話していたが、家内が買い物の帰りに寄ったので私も帰宅しました。

4
昼飯を食べてから再びS田さんの元に行くとチビ鮎が2匹釣れたとの事で写真を見せてくれましたが、この難しい時期に鮎の顔が見られて本当に良かったですね。ところで今日もシップ薬を沢山持ってきてくれて有難う御座いました。これが有ると本当に助かります。
また写真のトンボも頂いたのでザック等に付けてみますね。私の渓流釣りのザックは今もS田さんから頂いた物を飾って有りますが、そのお蔭で大きな怪我もなく山岳渓流を楽しめています。
帰宅して次はフィルムパークの横で友を引いて居られる方の所へ行って、長いことお邪魔をさせて頂きました。気さくな方で友釣りの大先輩と直ぐに解ったので話をしていても楽しかったです。

56
私も4時過ぎに30分だけドブ釣りをやってみたらチビ鮎がまぐれで1匹釣れたが、恐らくこの1尾が今年最後の鮎となりそうです。
明日は世附に行きますが、はたして源流に入渓できるかが問題です。恐らく明日も混み合うと想いますからね。

禁漁間近となった

日本女子オープンゴルフを4日間観ていたが、出入りの激しい大会だったですね。それだけ難しいコースで特に14~17ホールは難しいコースのようでした。今日は14ホールまで観ていた所、孫を送る時間となったので後は観られませんでした。
送る途中で買い物に寄ってから送りましたが、帰宅して直ぐにTVを点けたら勝みなみ選手が優勝を成し遂げていた。確か彼女は日本女子オープン2連覇ですよね、強いな~

ところで酒匂川水系の釣りも残り僅かっとなったので、近いうちに世附の源流に出向く予定です。今年の世附はどの沢も毛鉤の反応が良くて、今まで経験したことの無い位に飛び出してくれました。
こんな事が度々有ったので私としてはとても楽しいシーズンとなりましたが、一方で大きい渓魚が少なかったのが残念でなりません。尺ヤマメは兎も角として、責めて泣き尺ヤマメは掛かって欲しかったです。
昨年は泣き尺ヤマメを数匹掛けたので、それから比べると今年は寂しいですね。今期はあと1~2回は行きたいと考えているが、それも天候次第ですね。取り敢えず明後日を予定しています。

12

暑い中を今日も散歩

今日は先日の世附で反応が良かった毛鉤を巻こうと想っていたが、余りにも天気が良いので散歩に出ることにした。今日は久しぶりに狩川の花下橋まで歩くことにしたが、試しに膝サポーター無しで歩いてみます。

12
3
旧道を通って南足柄神社に向かうと色々な花が咲いていたが、今年は何処もタイワンホトトギスが少ないですね。毎年沢山咲いている所も僅かに咲いていただけでした。
神社の直ぐ手前に黄色いコスモスが咲いていたが、ここは毎年咲いています。神社に着くと犬の散歩をされていた方が居られたので挨拶して先に進みました。

45
6
久保入口に通じる道を下って行きますが、途中を右折して下って行くとキンモクセイが咲いていました。翌々見るとこの辺りの家ではキンモクセイを植えている処が多いですね。厳島神社に着いたので、今日は隣の弁財寺にも寄りました。

78
9
厳島神社の先にマメアサガオが沢山咲いていましたが、興味を持たないと中々気づかないものですね。公民館の脇を通って南門に向かいました。

1011
12
花下橋に着いたので鮎を確認したが、魚影は観られなかったです。左岸側の土手を上がって行き東屋で休んでいたら、同年代くらいの男性から話し掛けられたので長いこと話していました。
15分位話していたので、そろそろ散歩に出掛けます。今日は土曜日の割には散歩をしている人は少なかったが、暑いので早い時間帯に歩いたのでしょうね。大雄橋から上流には数名の友釣り師の姿が有ったが、皆さん最後の鮎釣りを楽しんでいるようです。
知り合いが植えた白彼岸花もちょうど満開で綺麗でした。今日は3時間近くもぶらぶらしましたが、膝サポーター無しでも何とか歩けました。
午後は日本女子オープンゴルフを観ながら世附で反応が良かった毛鉤を巻いたので、来週そうそうに散歩を兼ねて再び世附に行く予定です。

9月の結果

9月に入って友釣りは2回しかやらなかったが、今年の狩川の天然鮎は想ったほど育たなくて友釣りの対象外の個体のままだった。これも自然相手のことだから仕方がないと諦めています。
ドブ釣りは夕まずめに1時間ちょっとやる程度ですが、それでも少しは遊べました。特に自作のバケ針に良く喰ってきたのには驚きました。自作バケに依るチンチン釣りは9月に入って釣れなくなったので早めに諦めました。依って9月の総釣果は199匹/13日でした。

釣果:友釣り38匹/2回    チンチン釣り32匹/6回    ドブ釣り129匹/9回
最釣果:友釣り26匹(9/3)  チンチン釣り13匹(9/7)  ドブ釣り24匹(9/2)
総釣果:友釣り479匹  チンチン釣り1023匹  ドブ釣り1176匹 

最大:狩川 19.5cm(9/10)
(総釣果:2679匹/89日釣行)

    1

天気がいいね!

今朝は青空が広がっていたので散歩に出るが、一昨日の源流釣行の疲れが多少残っている。散歩には良い季節になったので、少しの時間でも歩いて来ることにしました。

12
3
既に稲刈りも始まりましたが、田舎の田園風景もいいですね。何時ものように足柄古道の坂道を上って行くと汗がじんわりと滲んできたが、今日はちょっと暑いですね。足柄神社に着いたので、何時ものようにお詣りをして行きました。

45
足柄古道を進むと正面に矢倉岳が見えたが、最近は登らなくなりましたね。分岐の手前では南足柄の三座が見えますが、紅葉の時季に登ってみたいですね。

67
8
分岐を少し下ってツリガネニンジンを観てきましたが、マルバルコウソウも咲いていました。分岐に戻って足柄古道を上って行くと見晴らしの良い所に着きました。


910
11
広域農道から農道に入ると大野山が見えますが、この陽気では未だヤマビルは居ると想うので登るのを控えています。ビール工場の前を通って亀が尾集落に向かいましたが、こちらは下怒田の部落ですね。

1213
14
マメアサガオは一杯咲いていたが、ガガイモの花は散ってしまったようです。何時もの白彼岸花は散っていたが、別の白彼岸花が咲いていました。今日は早歩きで歩いてみたが、花を探す時間が長かったので何時もと同じ1時間35分の散歩でした。
昼過ぎに45分ほど雑魚テンカラをやってみたが、オイカワとカワムツが7匹でした。魚体は凄く冷たく感じるので相当水温が下がって来たのでしょうね。そんな中、子供二人が泳いでいましたよ。

1時間ほどテンカラを振る

昨日の釣行レポを纏めてからTVを観ていたが、詰まらないのでテンカラをやる事にした。未だに増水中で水温も下がったので釣れなくなった雑魚ですが、少しでも飛び出してくれれば良いのですがね。

1
彼岸花もそろそろ咲き終わるが、今年も目を楽しませてくれました。

2
34
今日は#18のドライレッドピューパでやってみたが、堰堤の手前では殆んど反応が無かったです。そこで対岸の溜まりを狙うとポツリポツリと反応してオイカワを掛けることが出来ました。

56
5匹目に掛かった魚は引きが強かったので内心は小さいヤマメかなと想ったが、上がってきたのは大きいカワムツでした。5匹釣ったので毛鉤を替えたが、その後は反応が有りませんでした。

7
幾つかの大岩の側面には鮎のハミ跡が沢山付いていましたが、ハミ跡の幅も広いのでそこそこの鮎が残っているようです。跳ねも見られたので少しは釣れるかも知れませんね。
橋の上流で釣って居られた方が来られて声を掛けてくれたので釣り話となりましたが、藤沢からチンチン釣りをやりに来たようです。彼も世附には時々行かれるとのことでフライボックスの毛鉤を見せてくれたが、私と違って綺麗に巻かれています。何でこんなに綺麗に巻けるのかと感心しました。今は毛鉤の話しが出来るのが楽しいです。

今朝は何と10番乗りだった

今日も世附の源流に釣りに行くので2時に起きて軽く夜食を食べてから三保ダムの流入量と世附の天気を確認しました。流入量は20m3/s前後と減ってきたので、何とか毛鉤を振ることが出来そうです。天気も問題なさそうなので浅瀬に向かいました。

1
台風14号と15号の影響でダムは放流中なので源流も増水していると思われるが、先週ほどの増水ではないと想います。浅瀬に3:30に着くとずらりと車が停まっていて、何と私は10番乗りでした。

知り合い二人から声を掛けられて空いている沢を聞いた所でマグネットを貼りに行きました。戻って話をしていたら監視員のN藤さんが来られたので暫し話をしました。4時を廻ったので小田原の組合員の方と一緒に釣り場に向かいましたが、ずっと話をしながら歩きました。

2
34
釣り場に着いたので軽く朝食を食べながら暫しの休憩を取りました。今日は新調したウェーダーなので水漏れの心配がないぶん安心して毛鉤を振れます。今朝は#17ブラウンパラシュートでやってみました。
まだ水量が多いのでポイントを探しながら釣り上ると良型のヤマメを掛けることができたが、その後もポツリポツリとヤマメを掛けながら遡って行きました。

5
67
次は#17グルズリージンジャーパラシュートに替えて釣り上ると次々と飛び出したが、空振りも可なり有りました。恐らくチビヤマメだと想うので先を急ぎます。増水も落ち着いてきたのか、ヤマメの反応も良くてポツポツ掛けることが出来ました。
ランディングネットの中でヤマメの写真を撮るのも大変で、痛めた左膝に負担を掛けます。立ち上がるにも何かに摑まって立ち上がっていました。

8
遅くなってしまったが、昼食にしました。お腹も空いていたのでペロリと食べてしまいました。休憩も済んだので午後からも頑張って釣ります。

910
昼食後は#17ブラックダンでやってみるとポツリポツリと飛び出したが中々掛けられません。ウイングのCDCが長過ぎるのかと想ったので短くしたが、それでも掛けることができなかった。
釣れたのはレギュラーサイズとチビヤマメばかりだったが、このサイズが居れば来年が楽しみです。

11
何時もより水量が多いので白泡が立っている所が多くて、中々毛鉤を打てる場所が在りません。そこで浅場の瀬に毛鉤を打って行くので、どうしてもチビヤマメになってしまいます。

12
1314
試作の#17パラシュートに替えて釣り上るとポツポツと飛び出したので掛けることが出来たが、丸々太った良型が目立ちました。この毛鉤は反応が良かったですね。もう一つの試作パラシュートでも数匹掛けることができたが、戻る時間になったので竿を仕舞いました。
今日は増水の恩恵も有ってヤマメの反応は活発で、目的地まで行くことができませんでした。でも、大きいヤマメの魚影を見ることが出来なかったのが残念です。

15
1617
帰りの林道歩きは野花を探しながら下りましたが、既にホトトギスが咲き始めていました。ツルニンジンを重点的に探しましたが、新しい場所で見つけたが既に咲き終わっていました。毎年咲いていた場所では絶えてしまったのか、ツルも見つかりませんでした。
左膝に違和感は有ったものの、それでも何とか普通に歩けて浅瀬の駐車場には17:25に着きました。荷物を車に積み込んでいたら4時組の二人が戻って来たので、これで全員戻ったことになります。

狩川は水が引かない

今日も天気は良かったが、明日は世附の源流を予定しているので散歩には出なかった。そこで少しだけ雑魚テンカラで目慣らしをして置くことにしたが、狩川は中々水が引かずに増水のままである。

1
23
今日も#20ブラックダンでやってみますが、毛鉤を打てるポイントが少ないので苦労しそうです。先ずは堰堤の溜まりからやってみたが、1回も反応が無かったので下りました。
次は本流の流れの緩い所を狙うと小さいオイカワを掛けることができました。その後、反応が無いので左岸の分流を狙うと小さいカワムツを掛けることができたが続きません。そこで再び本流の対岸の垂水を狙うとカワムツが喰ってきましたが、もう狙える所が無いので竿を仕舞いました。

45
テンカラを終えて明日の準備をしていると注文して於いたシマノのウェーダーが届きました。今使用している物とは全然違うが、ワンランク安いので仕方がないかな。このウェーダーも3~4年持てばいい所かな。
さっそく明日はこのウェーダーを持って行きます。

6
明日持って行く毛鉤ですが、3~4点は試作毛鉤です。試作毛鉤を試せるくらいに水位が下がって要れば良いのですがね。明日もヤマメ狙いで行きますが、源流では提灯テンカラで遊んでいます。

秋空の下で花見散歩

今朝もいい天気だったので散歩に出ることにしたが、今日は少し大廻をして何時ものコースに合流する積りです。左膝を痛めて既に20日が経ったが、まだ完治はしてないが日増しに良くなっています。
でも、ちょっとした下りでも多少の痛みが出るので今年の秋季の山登りは無理なようです。今年も蛭ヶ岳を予定していたのでトレッキングポールを新調したが、仕方がありませんね。

12
3
家を7:50に出て狩川沿いを上がって行くと田んぼの周りには沢山の彼岸花が咲いていますが、彼岸花は花も大きくて真っ赤なので見映えが良い花ですね。足柄街道を矢倉沢方面に上がって行き、途中で左折して厳島弁天池に寄って行きました。
ここの湧き水は飲めるらしくてポリタンクを持って汲みに来られる人が居ます。でも私は飲んだことは有りませんがね。

45
6
狩川を渡って裏の農道を上がって行くと儘に沢山のツリガネニンジンが咲いています。段差の分岐を上って行きましたが、暫くして道の間違えに気づきました。戻るのも面倒なので大廻になるが、そのまま上って行くと広域農道に出たので、ここから表丹沢を眺めました。
塔ノ岳から檜洞丸まで見えますが、蛭ヶ岳は見えませんでした。何時も散歩している足柄古道の赤い小屋も見えますね。

78
そのまま広域農道を進むと一色橋に着いたので上流の前田橋を眺めたが、誰も釣りをやっていませんでした。今年もここの堰堤で虹鱒が釣れたとか釣れなかったとかの話を聞きました。

910
11
そのまま広域農道を進むと長い上り坂が待っています。坂を上り切ると後は下るだけなので頑張って上って行きました。途中にマルバルコウソウが沢山咲いていました。少し下ると明神ヶ岳と金時山が見えましたが、どちらの山も登りたいですね。


1213
暫く下ると何時ものコースが合流したので、ここから先は何時ものコースです。農道を入って行くとビール工場の前の通りに出ました。

1415
16
亀ヶ尾集落を過ぎると昨日も写したマメアサガオとガガイモの花が咲いていましたが、どちらもツル科の花ですね。少し進むと白い彼岸花が咲いていますが、昨日も掲載しました。

1718
亀ヶ尾橋を渡ると昨日は気づかなかったヤマユリが咲いていました。この坂を上れば家まではあと僅かなので頑張って上って行きました。今日は大廻をしたので1時間50分の散歩でしたが、爽やかな秋晴れだったので気持ち良く歩けました。😊

19
2021
午前中にテンカラをやってみたが、水位が下がらないのでポイントが限定されます。そんな状況の中で2匹の雑魚を掛けることができたが、これで一杯一杯でしたが掛けられて良かったです。
ところで16~17時まで前の堰堤でドブ釣りをやってみたら、何と30cm前後の虹鱒が下針に喰ってきました。だいぶ時間を掛けてやり取りをしたが、水量が多くて引きずり上げる場所が在りません。弱らせてから獲り込もうとしたが、結局はバレてしまいました。
虹鱒の写真を欲しかったが、仕方が有りませんね。鮎は1尾も掛からなかったけど雑魚は沢山釣れました。右岸側の方なら鮎も釣れるかもでした。

今日もあれこれ遣った

朝から青空が見えていたので多くの方が、ジョキングや散歩をされていました。今週の世附は未定ですが、何時でも行けるようにと私も散歩で足慣らしをしてきます。久しぶりの青空なので気持ち良く歩きたいですね。

1
家を7:20に出て狩川沿いを上がって行きますが、その前に自宅前の狩川の様子を見てみました。前回の台風後と同じ位の状況なので、散歩から帰ったらテンカラでもやってみるかな。

23
4
歩き始めは軽快に歩けたが、5分もしない内に左膝に違和感が走りました。そこで無理をしないでゆっくり歩きました。稲穂も大きくなったので、そろそろ稲刈りの時期でしょうかね。
階段をゆっくり上って行くと足柄古道ですが、上り坂が続くのでしっかり上って行きました。道端の角に季節外れのヤマユリが咲いていましたが、このユリは何時も遅い時期に咲きます。足柄神社に着いたので、何時ものようにお詣りをして行きました。
今日は数名の方が作業の準備をしていたので、何をするのかお聞きすると道路(足柄古道)にビリを引くと仰っていました。ご苦労様です。

56
7
水分補給を取りながら歩くと分岐に着いたので、今日も少し下ってツリガネニンジンを観に行きました。写真を撮ってから再び分岐に戻って何時ものコースを進むが、広域農道に出るまではずっと上り坂が続きます。

89
10
広域農道を下って行くとタマアジサイが綺麗に咲いていましたが、遅咲きの花なんでしょうね。農道に入って行くも今日は大野山は見えませんでした。今日もビール工場の前を通って戻ります。

1112
13
亀ヶ尾部落の端にマメアサガオと白の彼岸花が咲いていました。大分左足が疲れてきたが、もうじき家なので頑張って歩きました。今日は何時もの里山コースを1時間35分で廻ってきました。

休憩後にテンカラを振ってみたが、想ったより増水していました。1度も反応が無かったのでお終いにしたら、そこに監視員のI井さんが来られたので暫し話をしましたが、禁漁まであと僅かなので怪我をしないように頑張って廻って下さい。
午後からは土手の草刈りをやりましたが、暑かったので汗を一杯掻きました。河原の降り口周辺を刈ったので、これで再び安全に河原に降りられます。その後、富士宮のオジキ夫婦が墓参りの帰りに寄ってくれたので、久しぶりに色々な話ができました。

渓流用のパラシュートを巻く

台風15号の影響で水の木の総雨量が158mmで三保の入流量が多い時で161m3/sとなっていた。入流量は徐々に減ってきてはいるが、まだまだ83m3/sと多いですね。
前回の釣行時の入流量は52
m3/sだったが、渡渉するのに大変危なかったので当分は無理かも知れないな。目安としては20m3/以下に落ちないと駄目かも知れないね。次からの世附釣行時は前日のダムの入流量を確認してから決めるとしようかな。

1
23
ところで今日は朝から雨が降っていたので散歩は止めて渓流用の毛鉤を巻くことにしたが、今シーズンも残り僅かなので沢山は要らないね。
初めに#17アダムスパラシュートを6個巻いてから、次はその場で想いついた#17パラシュートを2種類巻きました。


4
大谷選手が投げるのでTV観戦しながら#17パラシュートを10個巻きました。膝を曲げて巻いているので可なりの負担が掛かるので休み休み巻きました。

56
16時の狩川の様子ですが、だいぶ濁りが取れてきました。台風本体は相模湾の沖を通ったらしくて、この周辺では弱い雨で済みました。水量が多いので明日の釣りは無理そうですが、出来るようならテンカラでも振ってみようかな。

シマノのウェーダーを注文

今使用しているシマノのウェーダーは丸4年履いているが、深い場所に立ち込むと水漏れがするので新調することにしました。次はダイワのウェーダーにする積もりだったが、ウエストと足のサイズが自分の体形に合わないので諦めました。
そこで再びシマノのウェーダーにしたが、今使用しているウェーダーは10回目の釣行で大量の水漏れが発生したので自分で修理してからメーカーにクレームを入れて点検して貰ったが、既に以上なしで戻ってきた。
こんな事が有ったのでシマノのウェーダーはもう購入しないと想っていたが、再びシマノにしてしまった。でも、今回は敢えてワンランク安い物にしました。

12
今日は朝から小雨が降っていたが、早めに止んだので散歩も考えたが、無理して歩いても膝を悪化させるだけなので止めて置きました。そこで雑魚用のフライを巻くことにしたが、その前に駄目になった毛鉤をバラシてフックを回収しました。
今回は3種類の#20ダンを巻きました。また#20ドライピューパをダンに手直しをしたが、バランスが悪いかも知れませんね。雑魚用だから完璧な造りでなくても大丈夫かな。

お彼岸なので墓参り

お彼岸なので今朝は早めに家を出て富士霊園に墓参りに行ってきた。8時半に着いたので先ずは売店で花を購入してから墓地に行きましたが、時間が早かったので空いていました。家内が先日の花を片付けているうちに周りを掃除してからお線香を焚きました。
娘の墓参りも済んだので義兄の所に寄って、兄貴と兄貴の実家にもお線香を上げてきました。富士霊園を後に私の実家と姉さんのお墓に寄ってお線香を上げてきたが、今日は何処も空いていました。途中で実家近くの八百屋さんから電話が有って注文して於いた落花生が入荷したとの事で帰りに寄りました。10時過ぎには帰宅できたが、墓参りも済んでホッとしたがちょっと疲れました。

1
少しTVをみていたが、詰まらないのでテンカラをやる事にしました。狩川も増水のうえに薄濁りなので、毛鉤を振れる所が限られます。

2
34
今回も#20ブラックダンでやりますが、前回やった時にブラックのハックルが取れてしまった事を忘れていました。これでも大丈夫なのでやってみたら、一投目からオイカワが掛かりました。
その後もオイカワとカワムツを掛けることができたが、どっと疲れが出てきたので45分で止めました。悪い条件の中で9匹ほど掛けることができたが、釣り好きの私としては少しの時間でも竿を出せたので満足です。堰堤下の浅場でチビ鮎らしき魚が跳ねていましたよ。


5
午後はTVを観ながらウトウトしていたが、家内がお茶にと茹で落花生を持ってきたので頂きました。秦野の落花生は粒も大きくて初物だったので、とても美味しかったです。

総雨量300mmでは危ない

昨日の台風14号の影響で水ノ木の総雨量は300mmとなったが、どの程度の増水か行ってみないと分からない。今週は本日だけ曇りで、他は雨マークが付いているので重なる無理を承知で行くことにしました。
加齢に依る痛めた左膝ですが、未だに痛みが消えないのでしっかりケアをして行きます。今回も痛みに耐えての釣行なので無理はできません。

1
夜中の1:45に起きて軽く夜食
を食べてから浅瀬に向かいましたが暫く走ると霧雨が降っていました。まだ三保ダムは放流中なので、世附も可なりの増水が予想されます。
浅瀬に3:20に着くと今日も1番乗りでしたが、傘を差してマグネットを貼りに行きました。駐車場に戻ると次々と釣り師がやってきて4時組は私を含め4名でした。今回も山北のルアーマンさんが来られたので、途中まで話をしながら一緒に行きました。

23
釣り場の入渓点に着いたが、沢は薄濁りで30~40cm増水していました。ストックを使って数ヵ所渡渉したが、可なり危ない状況なのでドライフライでのヤマメ釣りは無理と判断してこの沢を諦めました。
そこで岩魚なら狙えるので別の沢に行ってみたが、こちらの沢は何とか出来そうなのでやってみる事にしました。沢を変えたことに依って迷惑を掛けてしまう恐れが有るので、釣り人が来ないことを祈るだけです。
#17グルズリージンジャーパラシュートで釣り始めたが、狙えるポイントは極端に少なかったが、何とか岩魚を掛けることが出来ました。

45
遡って行くと再び垂水が在ったので、毛鉤を打ち込むと暫くして飛び出したので合わせると毛鉤の結び目が切れてしまった。何てコッタ!少ないポイントを無駄にしてしまったよ。
そこで#15グルズリージンジャーパラシュートに替えて釣り上ると再び岩魚が釣れましたが、先ほどの岩魚よりひと回り小さかったです。今日はサイズより反応させるポイントを探すのに懸命です。それだけドライフライには厳しい状況でした。

6
台風直後なので水量が多くて渡渉するのも大変です。この沢は小さいので何とか釣りが出来るが、それでもドライフライには辛い状況です。
出来るだけ流れの弱い場所に毛鉤を打って行きましたが、魚が小さいらしくてフッキングできません。そこで毛鉤を替えました。

7
89
#17アダムスパラシュートに替えて打って行くと小さいヤマメを掛けることができました。遡行を続けると流れの弱い広い落ち込みが現れたのでさっそく毛鉤を打ち込むと魚影が見えたが掛かりません。
そこで筋を変えて毛鉤を流すと一発で掛かったが、足場が悪いので下に降りて獲り込むと体高のある良型ヤマメで引きが強かったです。遡行を続けると所々に足跡らしき物が有ったが、若しかして先行者?まさかまさかで遡って行くとチビヤマメが釣れました。
釣れたので足跡ではないのかなと想いながら進むと先行者の姿が見えたので竿を納めましたが、どおりで急に反応が無くなった訳です。こればかりは急きょ私が沢を変えたので仕方がありません。


10
一旦下流に戻ってやってない場所を釣り返しますが、その前に昼飯にしました。晴天となってしまったので暑くて仕方が有りませんが、夏のような陽気となってしまった。さっさと食べて未だやってない場所をやってみたら、チビヤマメを2匹掛けることが出来ました。
今朝、岩魚が釣れた場所まで上がって来たので少しやってお終いにしました。時刻は早いが今日はこのまま帰ります。

1112
13
時刻が早いので帰りの林道は野花を探しながら下ることにしました。河原に咲いていた小さな花の名は解りませんが、林道脇にはツリフネソウの群生が在りました。
この群生は以前にも有ったような無かったような、兎に角ツリフネソウを見られて良かったです。気になっていた場所のツルニンジンを発見しましたが、やっぱり咲いていました。

1415
16
フジアザミやクサボタンも咲いていましたが、今回は新しい場所のツルニンジンを見つけました。大分下って来た所に1株だけ咲いていましたが、浅瀬橋周辺のツルニンジン2ヶ所は絶えてしまったようです。

1718
帰りの浅瀬の駐車場付近の流れですが、濁りは大分取れてきたようです。でも、まだ増水中なので釣行される際は十分注意してください。駐車場には14:50に着いたが、まだ山北のルアーマンさんは戻って居ませんでした。4時組の二名は既に帰宅したようです。
今日の増水(総雨量300mm)は源流さえも渡渉するのが危ない状況だったので、早めに帰る人の姿も見えました。私は急きょ沢を変える破目になりましたが、ちょっと無理な釣行でした。

世附用のフライを巻く

雨は降ったり止んだりを繰り返していたが、狩川の水位はさほど変わらなくて泥濁り状態です。気になる水の木の雨量は一時は止んでいたので総雨量はリセットされたが、夜中から再び降り出して今現在121mmとなっている。昨日の179mmと合わせると総雨量は300mmとなるので大分増水していると思われます。
テンカラでも私の場合はドライフライなので相当厳しいと想います。まして明日は一気に秋の陽気になるとのことだから困ったもんです。それでも一応行ってみようかと想っているが、夜中に起きて雨だったら見送る積もりです。荷物は車に積み込んで有ります。

12
3
今日は雨だったので何処にも出掛けずにラジオを聴きながら世附用のフライを巻きました。先ずは#17モスグリーンダンとグルズリージンジャーダンを巻きましたが、以前巻いたフライトとはちょっと異なります。
次は#17グルズリージンジャーパラシュートを巻いてみたが、こちらも今までの物とは違い遊び心で巻きました。

4
5本巻きましたが、明日は試しません。来週も予定しているのでその時に試す積もりでいるが、ダンは釣れそうですね。
#17グルズリージンジャーダンは釣れると想うので、モスグリーンダンに掛かって欲しいです。遊び心で巻いた#17グルズリージンジャーパラシュートも試す積もりだが、恐らく反応は少ないと想います。

世附用の毛鉤を準備

散歩のレポを書き終えてから世附に持って行く毛鉤に仕掛けを付けましたが、今回も15種類の毛鉤を持って行きます。一度使った毛鉤は殆んど使わないので、常に新しい毛鉤でやっています。
依って使用済みの毛鉤が大分溜まっていたのでバラスことにしたが、序でに使わないと思われる毛鉤もバラシました。折角時間を掛けて世附の奥まで行くので気に入らない毛鉤でやりたくないですからね。納得した毛鉤で反応が無かったら、それはそれで仕方がないことです。
1尾でも多く掛けるにはそれなりの努力も必要なので色々考えながらやっています。先ほど水ノ木の総雨量を確認すると179mmだったが、8月の台風の時は138mmでちょうど良い水量だったので、その時よりは増水しているようです。
気になるのは気温が一気に下がるようなので、はたして渓魚が反応してくれるかだね。まだ釣行するかは決めてないが、明日の水ノ木の総雨量で判断したいと想います。

雨の合間をみて里山散歩

今朝は雨が上がっていたので軽く里山を廻って来ることにしました。今後の台風の状況に依りますが、明後日は世附の源流を予定しているので足慣らしの散歩です。依ってショートコースで廻って来るが、左膝の痛みはまだ続いています。

12
3
前の狩川の水位は昨日と変わらないが、これから台風の本体が近づくので余り増水して欲しくはないですね。恐らく今期の鮎釣りは終わりだと想います。狩川沿いの彼岸花を写して足柄神社に向かいました。
狩川沿いでは散歩をしている数名の方とすれ違いましたが、皆さんも雨の合間の散歩のようです。神社に着いたので左膝が治るようにと参拝してきました。

45
6
ジメジメと蒸し暑いので玉の様な汗が滴り落ちます。足柄古道沿いには彼岸花があちらこちらで咲いていました。分岐に着いたので今日はここを下って行きます。

78
9
先日よりもツリガネニンジンが咲いていましたが、今がピークなんでしょうね。少し下ると石垣の上にキキョウに似たが咲いていました。
そのまま下ると足柄街道に出たので、少し上がって北幼稚園の横を通って裏道で戻ります。

1011
12
日影橋を渡って裏の農道を下って来るとツリガネニンジンの群生が在るが、沢山咲いていましとよ。久しぶりに厳島弁天池に寄ってみたが、この周りの野花は咲いていませんでした。

1314
15
足柄街道を下って来ると稲刈りを終えた所も有りましたが、台風前に刈り込んだのでしょうね。白地蔵の前を通って戻りましたが、世附に行く時は必ず拝礼して行きます。今は大物が釣れるようにではなく、怪我無く戻れますようにとお願いしています。
今日はショートコースを廻って来たので1時間15分の散歩でしたが、少しは足慣らしになったと想います。レポを書き始めたらどしゃ降りとなったので慌てて窓を閉めましたが、これも台風の影響ですかね。
最新コメント
アクセスカウンター

    アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ